加藤真一 SHINICHI KATO OFFICIAL WEB SITE
MENU
PROFILEDISCOGRAPHYB-HOT通信LIVE SCHEDULE楽器遍歴
MUSICAL INTSTRUMENT JOURNEY 楽器遍歴

初めての楽器は従兄がくれたガットギター。小学校の六年。ネックが反っていてコードが弾けないほど弦高がやたら高かった。というよりコードを知らなかった。ので、もっぱら単音を弾いていた。そういえばベースのリフを好んで弾いていたかも。当時はイントロがかっこいいベースリフが流行っていたのだ。 そうか、ハーモニーよりメロディに興味があったのか。(納得したりして。)実力は「禁じられた遊び」をやっと弾けた程度かな。(さびは無理。今は弾けます!)。あと当時ビートルズのブラックバードやS&Gのスカボロフェアなどを弾いていた。
次は父親の、「高校の試験に合格したら買ってやる」という約束の下に、エルクの¥15000のエレキギター。ならびにグヤトーン¥15000、30Wのアンプ。これは弾きまくりました。トレモロアームがついていたので、リッチー・ブラックモアの真似をして、引っ張りました。二度折りました。そのつど親父に溶接をして直してもらいました(親父は溶接工)が三度目に折った時は「あきらめろ」と言われました。アンプも完全償却。スピーカー飛ばしました。練習場所は豚小屋。お袋が養豚業をしていたのです。約100頭のお豚ちゃんを観客に見立てて練習しました。「キーキー、ギャーギャー」啼くのでビートルズになったつもり。きっと豚はストレスがたまって肉はまずかったかも?

  ベースに転向したときは、ギターの奴に借りたグヤトーンのモズライトモデル、ショートスケール。最低でした。 その後プレシジョンモデルを自分で購入。エルクだったと思う。(写真右:高校の学園祭)

  そういえば修学旅行で初めて東京に行った時、御茶ノ水の楽器屋でレスポールのボディを買ってきてエルクの¥15000のエレキギターを大改造。シマウマ模様のレスポールを自作。すごい。って自分で言うな。

そして東京に出たとき本物のフェンダープレシジョンを月賦で購入。高かった。¥210000くらい。(写真左:下の楽器)今は跡形も無く、ネックだけは持っていたんだけど。注:アフロヘアーは本物です。

初めてのウッドベースは茶木のベニヤ。¥100000.

エレベはアレンビックのコピーを購入。(写真左:上の楽器)¥250000くらいした。これも売ってしまったのだけど完全コピーものだったので惜しいことをしました。その後同じものを見ていません。

二本目のウッドベースはカール・ヘフナー(写真右)¥600000.月賦。故川端民雄さんもヘフナーということで買いました。
北海道で故伝法諭氏よりラングのピッコロベース購入。(写真右:左ヘフナー、右ラング)ベニヤだったけどパーツがいい材料で結構良かったです。でも当時北海道には弦がなかったなあ。

スズキの小型中古ベース購入。(これは売らなきゃ良かった。裏板合板でしたが、良く鳴るいい楽器でした。)

マイネル(東独)購入。これはごッつい楽器だったなあ。すぐ手放しました。当時札幌すすきのでは4軒掛け持ち。それぞれの店にベースを置いてました。

上京後、アントンラッツというドイツっぽいオールド購入。これもいい楽器だった。でもニューヨークへ行くので売却。

エレベは植木さんのアクティブ・カスタムメイド、五弦:アクティブ)を¥200000で購入。これは現在も使っています。
(写真右)
さらにオレンジカウンティの折戸オリジナルを¥100000で購入。(これはフェンダー・ジャズベースモデルですが、原型はESP。私の音色に合わせたチューニングがしてあるそうですが,どのようになっているのか、まったくわかりません。でも使いやすい、いい楽器です。)
ニューヨークではフランス製ルネ・クーン、だと思う。を$10000で購入。梨型の美しい楽器。NY時代はこいつにお世話になりました。同じのを山本楽器で見ました。CD・CLOSE TO LOVEやソロのアルバムのソロチューニングで弾いてる楽器はこれです。

ニューヨークの48丁目でテキサスのメーカー「ロビン」ゴールドのアーム付きソリッド・エレクトリックギターを$200で購入。暴れたくなったとき思い切りディストーションをかけてフリーロックをします。

フォークギタースタイルのアコースティック・ベース(アリア)を中古で¥30000購入。大もうけ!と思っていたら定価¥50000でした。BASS FOLKSONG はこれを買ったときに出来ました。
 
帰国後、ドイツ・ルブナー(1969)若い楽器ですがよく出来ています。先代の作らしく現在の作とは微妙に細部が異なるアトリエ・ハシモトの橋本氏も絶賛。「OLD DIARY」のほとんどはこの楽器です。あと「DUET」も全部この楽器。

そして現在はフランシスカス・へッツリブ(1837)というオーストリア製を使っておりまする。これはすごいっす。むらなく鳴るし、低音が良いです。音色は甘め。
 

ヘッド部分珍しいでしょ。オリジナルではありません。ドアノブだという人がいますが大のお気に入り。
 

バックはフラット


正面


これはルブナー(1969年製)
売れました!

それから松脂。はじめはペッツ。そしてカールソン。ポップスに換えてピラストロの赤、今はアルシェ(チェロ用)。今はアルシェのバス用もあるみたい。
弓はザイフェルトのマスターボウとフレッチナーのマスターボウを代わる代わる使ってます。フリージャズ用にカーボンの弓も使っています。
さて、弦のほうは エレベは昔、アーニー・ボール。今はスピロコア。エレベの弦はほとんど気にならないのですが、 ウッドはいろいろ試しました。下記。最近、スピロコアもダダリオもハード、ミディアム、ライトゲージがあって便利になりました。
また、アルフィーで使ったアンプ(ローランド)がとてもよかったなあ。国産でもいいのはいいのね。
そのローランド、買ってしまいました。DB700。(現在アトリエ橋本で販売中)ついでに旅用のバスも一丁。(イギリスのメーカーですが中国製)
このまえ、ローランドのキューブ(新型)を使ったけどこれ欲しいな。と思い買っちゃいました。

メーカー ピックアップ アンプ 総評
ヘフナー ポリトーン(旧型)
バーカスベリー
アンダーウッド
スピロコア ポリトーン 当時はほとんど皆このセット。ピラストロのようなクラッシック用の弦も使ったけれど、このころは頼りなく感じた。
ドイツ/オールド(100年前)
ルブナー(1969)
フィッシュマン
アンダーウッド
リアリスト
ダダリオ・ハイブリッド(これはとてもいい弦だと思います。)
ラベラ・ブラックナイロン(2度もE線が切れてそれ以来使っていません。
一度はコンサートで「MYFUNNY VARANTINE」を演奏中。爆音がしました。)

ピラストロ
ジャザー
パーマネント
オブリガード
ワンダートーン
ポリトーン
GK
ハートキー
SWR
壊れた!
フィッシュマンについてですが、ハービー・シュワルツに教えてもらった方法で瞬間接着剤でピックアップを固定。コマを挟む方法より若干、楽器の振動を妨げない。ポリトーンが一番良くマッチした。

弦に関しては、最もバランスのいいのがダダリオ・ハイブリッド。音色がいいのはピラストロ。ジャザー、パーマネント、ワンダートーン、ラベラなどはスピロコア系。大差ありませんが私はスピロコアが好き。D線がちょっと太めだけれど。最近はバイヒにしてみた。ライトゲージです。アルコはこの方が良い。
ルネ(100年ほど前) フィッシュマン ラベラ・ガット
ダダリオ・ピッチカート(ミディアム)
ラベラ・スチール(ミディアム)
GK NYでは楽器が良く鳴るのでこの組み合わせが気持ち良かった。
日本では芯が細くなる気がする。
ヘッツリブ(1837) 瀬山楽器のオリジナル、だと思っていたら、先日製作者にお会いしました。「山彦」製。お値段は6万円。駒に取り付けるので駒代、取り付け代は別途。詳しくはホームページがありますのでどうぞ。 スピロコア(ミディアム)
スピロコア(バイヒ)
スピロコア(スターク)
ラベラ(ライト)
ダダリオ・ピッチカート(ライト)
トレース・エリオット・アコースティック
(ピエゾピックアップ用)
ハートキー
満足。
でも、ちょっと迷って数種新発売ものを使いました。結局スピロコア.


私の結論。やはりセッティングは、楽器に大きく左右されます。オールドの良く鳴る楽器が一番簡単です。

今は川越の大木宅に置かせていただいていますが、秋葉原の楽器屋で仕事をした折、置いてあった楽器を買いました。これが大変安い。ステンターといってイギリスの会社だが中国製。ベニヤですが表は単版。小型でバランスもよく弾き易い。吹奏楽用ですね。これと同じサイズで作ればソロ用にはもってこいですね。弓と松脂と教則本とケースがついて¥10万。

上記ステンターは下取りに出してルーマニアのグリガ定価44万を買いました。コストパフォーマンスは現在では最高でしょう。裏板のみ4枚張り合わせですが。今度飛鳥に乗船するので使います。弦はダダリオのオーケストラにしました。ピックアップはデヴィッドゲージ。

そしてアンプヘッドも買いました。アコースティックイメージ。トレース・エリオット・アコースティックは売却。
ページトップへ戻る